Google 音声入力は本当にすごい!

Google での音声入力を日頃から使っているが周りでは意外と使ってる人がおらず、そういう人がいざ設定しようとした時にいくつか悩むところがあるのでメモ代わりに残しておくことにします。

私の周りは ドコモを使ってる人が多く、音声入力をしようとした時に ドコモの音声入力が起動してくる、これを Google に切り替える時に意外と設定方法に迷う。 個人的には Google の音声入力は驚異的だが、それ以外の音声入力はやはり今ひとつという感じがする。

音声入力は Google 検索の時だけじゃない

よく勘違いされているのが Google アプリでの検索で音声入力を使うということと普段の日本語入力で音声入力を使うということ 当然 Google アプリでの入力は問題なく Google の音声入力が使われるが 例えばブラウザで検索をする時に音声入力をする場合これが今回の対象です。

音声入力の基本的な設定について

私が使っているのはサムスン純正の日本語入力 なのでまずはこちらでの設定の流れ。

まず音声入力を起動するには以下のようにする

以下のように Google 音声入力が起動すればこれで Ok 後はスマホに向かって喋りかければ日本語に勝手に変換される 驚くのは文章に応じて漢字が修正されて適切なものになっていくところ これは本気で驚くレベル

ただこの時 例えばドコモの携帯であればドコモの日本語入力が起動してくる場合がある もちろんドコモを使う場合はそのまま使えばいいのだが これを Google に変更する場合 設定の変更は日本語入力アプリで行う。

参考)音声入力のアクティビティ保管について

音声データと変換結果が全て保存されている

Google での音声入力は Google アカウントでのログインが必要となり 音声そのものと変換履歴がデータとしてアクティビティに保存されている。 これらのデータの積み重ねによって質の高い音声入力が可能になっているというのは理解するのだが、 変換の質の高さを取るのか自分の個人情報のより良い保護を重視するのかは各個人の価値観によると思う、設定自体もそれに合わせて行えば良い。

ーーー

『音声アクティビティでは、音声入力(「OK Google」コマンドなど)が保存され、音声の認識精度の向上や音声認識機能の改善につながります。』

ーーーGoogle アカウントヘルプより

ちなみにアクティビティ管理のページは以下のリンクから表示が可能

アクティビティ管理
https://myaccount.google.com/activitycontrols/audio?utm_source=HelpCenter&utm_medium=websearch&utm_campaign=

とりあえず使い始めるまでの設定はこんなもの細かいところはいろいろあるがそれはまた別の機会に。

広告